文理を問わないシステムエンジニアの適性

システムエンジニアはIT業界で新規に開発するシステムの提案とその仕様書の作成を行うのが基本的な仕事であり、IT系の技術者というイメージが強い。そのため、情報技術の知識に長けている理系の人材に適性が高く、理系が活躍する現場であると考えられがちである。それは事実という面もあり、特に仕様書の作成やプログラマとの相談の上では最新の情報技術についての理解やプログラミングの知識が重要な役割を果たすことから理系的な知識や考え方を持つことが必要とも言える。しかし、実際に仕事を担っていく上で重要となるのはシステム開発によって問題解決を考える際に、その問題とそれに対する依頼主の要求を正確に理解するという点であり、それができてはじめて必要となるシステムの考案が可能になるのである。
一般に、システム開発の依頼をするクライアントはIT系の企業ではない。そのため、解決しなければならない問題というのは、社内の仕事の効率化であったり、ビジネス展開の方法であったりと必ずしも理系の考え方に基づく社会の問題ではない。そのため、システムエンジニアはそのクライアントの専門としている業界についての勉強をその都度行っていかなければならない。クライアントは文系であることが多く、ビジネスやマーケティングの視点を持った内容も多いことから、文系としての素養が必要になることも多い。そのため、文系の考え方ができることもまた適性となるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です